スポンサー リンク

飯島愛さん死因の真相は?行きつけの病院主治医が明らかに

飯島愛さん死因の真相は?
行きつけの病院主治医が明らかに


飯島愛

飯島愛さんと言えば、
2008年12月24日のクリスマスイブに、
死去が発見されたと伝えられたことで有名です。

Sponsored Link

それに、死亡推定日は2008年12月17日であって、
なぜ彼女ほどの女性が一週間も気づかれなかったのか?


なぜ死亡してから一週間も発見されないのか?


私も当時はクリスマスイブで仕事に入ってた頃に、
携帯のニュース速報で飯島愛さんの死去が伝えられて
非常に残根な気持ちでもありびっくりしたことを覚えています。


クリスマスイブにこんなことが・・・


多くの芸能関係者やファン、世間の方はそう思ったでしょう。


それも綺麗で男性からもモテてそうなイメージの飯島愛さんが、
クリスマスイブに一人で自宅マンションで亡くなったことには

華やからな芸能界のイメージとは違った
闇や孤独を垣間見た気がしました。



それに飯島愛さんはまだ若く、
そんな急に亡くなってしまうとかは想像もしていませんでしたし
当時は何とも言えない気持ちになったのを覚えています。


ただ、寂しがりやな性格であったのは色々と公表されていますので、
もしかしたらクリスマスイブに発見されてまだ幸せだったかもしれませんね。


まずはそんな飯島愛さんのプロフィールから。


飯島愛のプロフィール


本名:大久保松恵
身長:163cm
スリーサイズ:B86 W56 H85
誕生日:1973年8月25日もしくは1972年11月28日


誕生日については明確ではないですよね。

調べてみると、
本によって飯島さんの誕生日が変わっているようです。

ただ、32歳で亡くなったのはたしからしいですね。


行きつけの病院主治医が明らかにした死因の真相は?エイズ?


飯島愛さんと言えば色々な噂がある方ですし、
以前はAV女優をされていてエイズなのでは?
と噂もされていました。


たしかエイズの撲滅キャンペーンガールか何かもしていたような・・・


そういうことからエイズが発症して、
死因はエイズなのではないか??


との噂もあります。


実際はどうなのか当時の主治医が明らかにしてくれています。



・飯島愛さんの当時の主治医の証言

「愛ちゃんは死後、エイズを疑われたが私自身が3回も検査したため、エイズでは絶対にない

「不慮の事故だった。死因は睡眠薬の飲み過ぎではなく、私は絶対に、何か突発的な事故だったのだと思っています」

「愛ちゃんは『てめぇバカャロウ!』という脅しのような耳鳴りが24時間ずっと聞こえることにも怯えていました。私は神経科を探して紹介したのですが、治してあげられませんでしたね・・・・・」

辛いことがあったんじゃないかなと思います。しかし、私にはどうすることもできませんでした…」



主治医は故人の名誉もありますので
エイズだとしても隠し続けるでしょうし
主治医の証言はあまり参考にならないかもしれませんね。


辛いことだとしたら、何があったのでしょう??


気になることとしたら、
彼女の代表作であるプラトニックセックス
で印税収入があるはずなのに、貯金が0だったこと。

この辺りは交友関係で何かあった可能性がありますよね。


死因はエイズが原因の肺炎ではないのか?



ネット上ではエイズが原因の肺炎だったのではないか??


との噂が立っていますが・・・


なぜ肺炎というキーワードが出てくるか少し不思議なのですが、
どうやら警察が肺炎と発表しているようですね。


亡くなるまでの経過は、多数の要因はあった感じがしますが、
死に至った最終原因は肺炎だったのかもしれません。


肺炎だとしたら・・・


『ニューモシスチス肺炎』の可能性が高いですね。


ニューモシスチス肺炎とは?

以前はニューモシスチス・カリニ (Pneumocystis carinii) による肺炎とされ、「カリニ肺炎」と呼ばれていたようです。

ただ、犬から見つかったニューモシスチス・カリニ(「カリニ」は「犬の」という意味)と、ヒトで肺炎をおこすニューモシスチスは異なる種類であることが判明して、ヒトに病原性をもつニューモシスチスはPneumocystis jiroveciに命名し直され、これによる肺炎はニューモシスチス肺炎に名称変更されたそうです。


※ 知恵袋から参照


警察が肺炎と発表していますし、
死因について嘘の情報を流すとは考えられないので、
もしかしたら本当にエイズが原因の
ニューモシスチス肺炎だったのかもしれないですね。


毎年クリスマスイブになると飯島愛さんを思い出します。


不謹慎かもしれませんが、クリスマスイブに発見されて、
本人は幸せかもしれませんね。


心からご冥福をお祈り致します。

スポンサー リンク


役に立ったと思ったら下記のボタンをクリックしてください。

コメントを残す

このページの先頭へ