スポンサー リンク

【武井咲】ドラマ「すべてがFになる」あらすじ・キャスト・ネタバレ・感想【綾野剛】

【武井咲】「すべてがFになる」あらすじ・キャスト・ネタバレ・感想【綾野剛】


武井咲 綾野剛

2014年10月21日21時~の新ドラマ「すべてがFになる」について
詳しく調べてみました。



あらすじ


『すべてがFになる』は、スーパー理系頭脳をもつ
、“リケジョ”の女子大生
工学部建築学科の准教授師弟コンビが、
天才的頭脳の持ち主の仕組んだ、
解の見えない密室殺人と猟奇犯罪方程式に挑む
サイエンスミステリー。

原作は累計350万部のベストセラー。
第1回メフィスト賞受賞当時、作者・森博嗣氏が現役の某国立大学助教授であることも
話題になった「すべてがFになる」(講談社)。



神南大工学部の極地研究所の喜多准教授の誘いで、
同施設を訪ねた西之園萌絵と犀川創平准教授)。
その低温度実験室では氷点下20度という低温の状態で
様々な実験が行われていた。
萌絵と犀川たちが訪れた夜、不可思議な殺人事件が起こった。
低温実験室の中で、
男女2名の院生が死体となって発見されたのだ。
完全密室のなかに、
殺人者はどうやって侵入し、
また、どうやって脱出したのか



キャスト


武井咲さん(西之園萌絵役)
綾野剛さん(犀川創平役)
早見あかりさん

ちなみに早見あかりさんと言えば元ももクロ!
女優活動忙しそうですね|ω´・;)


…etc.


【夏の終わりに、恋をした。】工藤阿須加とは?父・妹・彼女・早見あかり・出身校は?【画像あり】

ネタバレ


随時更新。


感想



随時感想。


スポンサー リンク


役に立ったと思ったら下記のボタンをクリックしてください。

コメントを残す

このページの先頭へ