スポンサー リンク

【復活】仲間由紀恵で『放浪記』でんぐり返しできるのか?【画像】

【復活】仲間由紀恵で『放浪記』でんぐり返しできるのか?【画像】

仲間由紀恵1
【仲間由紀恵】新ドラマ『SAKURA~事件を聞く女~』キャスト・あらすじ・ネタバレ・視聴率は?【佐藤隆太】

女優の仲間由紀恵さんが、二年前に亡くなった
女優の森光子さんの舞台「放浪記」に
主演することが決定しました!!!!!!!!!
Sponsored Link

女優の仲間由紀恵(34)が、2012年に亡くなった
女優・森光子さんのライフワークだった舞台「放浪記」
(15年10月14日~11月10日、東京・日比谷のシアタークリエ)に
主演することを9日、製作の東宝が発表した。
仲間は、森さんが61~09年まで演じ続けた作品の復活という
大役を担うことを決意。伝説の舞台で、森さんの“魂”を受け継ぐ。

 森さんが48年間主演し、国民栄誉賞をもたらした「放浪記」。
歓喜の「でんぐり返し」を見せる主人公の林芙美子役は、森さん以外の
イメージが湧かないほどだが、仲間はあえてこの高い壁に挑む。

 製作の東宝は、昨年11月10日の森さんの一周忌が過ぎた頃から
「放浪記」の復活を計画。仲間サイドには同年12月に出演依頼があり、
数日後には「ぜひ取り組みたい」と快諾した。実は他にも候補者がいたが、
仲間だけが“大名跡”に尻込みしなかったという。

 仲間と森さんが生前から親交があったことも、出演の決め手となった。
2人は05年にNHKのドラマ「ハルとナツ 届かなかった手紙」で初共演。
07年には、仲間主演の舞台「ナツひとり 届かなかった手紙」に
森さんが声だけで出演。この時、仲間は森さんから「脚本を信じて、ナツとして生き続けなさい」と
助言されたという。今年5月にはフジテレビ系のドラマ「森光子を生きた女」で、
仲間が森さんを演じるという縁もあった。

 「放浪記」上演中にも、仲間は森さんの楽屋を何度も訪問。当時、森さんは関係者に
「彼女は舞台に対しても意欲がある」と話していたという。
森さんの“魂”を受け継ぐ形となった仲間は命日の11月10日に、
京都にある森さんの墓に参り、出演を報告する。

 新しい「放浪記」は東京を皮切りに、
大阪・新歌舞伎座、名古屋・中日劇場、福岡・博多座でも上演され、
約100公演が予定されている。東宝は仲間にも長期にわたって
林芙美子役を任せる意向。仲間は、9月に俳優の田中哲司(48)と
結婚したばかりだが、新婚ムードに浸っている暇はなさそうだ。

Yahoo!ニュースから引用

【写真】仲間由紀恵、5億円新居を現金購入!妊娠したから!?


凄い大役をうけた仲間由紀恵さんですが、
仲間由紀恵さんならとってもいい舞台になると
思います。

プライベートも幸せでいっぱいですが、
仕事でも輝ける女性って素敵ですね☆

新婚ムードはお預けですが、
仲間由紀恵さんには頑張って欲しいです♪

仲間由紀恵さんのでんぐり返しも見ものですね!!!!

スポンサー リンク


役に立ったと思ったら下記のボタンをクリックしてください。

コメントを残す

このページの先頭へ